名古屋名物、名古屋のきしめんと言えば、
きしめんよしだ【吉田麺業】 通販もどうぞ。

よくあるお問い合わせ

お問い合わせ

きしめん辞典

トップ >> きしめん辞典 >> 歴史

きしめん辞典book

きしめんに関する
あらゆる知識をご紹介!

  • きしめんといもかわうどん・その1

    井原西鶴の『好色一代男』や十返舎一九の『東海道中膝栗毛』といった江戸時代の書物に「いもかわうどん」なる平打ちのうどんについて書かれています。その発祥地は尾張国(現在の名古屋)ではなく、三河国芋川(現在の刈谷市北部)。このいもかわうどんがきしめんのルーツであるという説もあります。

  • 「きしめん」という名前の由来・その3 「棊子麺(きしめん)」説

    「棊」とは「碁石」のこと。平たく延ばした生地を竹筒で碁石の形に抜いた、丸い碁石の形をした麺が中国から伝来し、後に平たくて細長い麺になっても名前はそのまま残ったという説。

  • 「きしめん」という名前の由来・その2「紀州麺(きしゅうめん)」説

    紀州藩の殿様が尾張藩の殿様にお土産として献上した麺が「紀州麺」と呼ばれ、いつの間にかそれが転じて「きしめん」になったという説。

  • 「きしめん」という名前の由来・その1「雉麺(きじめん)」説

    江戸時代、尾張藩の殿様が雉(きじ)肉入りの田舎うどんを好んで食べたことから、「雉麺」がなまって「きしめん」になったという説。きしめんに入る油揚げはその名残ともいわれています。

  • 「名古屋めし」の中で最も古いのがきしめん

    名古屋めしの多くは昭和30年代の高度経済成長期に生まれていますが、きしめんはなんと江戸時代。平打ちした麺をたまり醤油を使ったつゆにホウレン草などの青菜、煮揚げ、花がつおを盛り付けたスタイルは江戸時代の終わりから明治時代初期には確立されていたといわれています。

PAGETOP