名古屋名物、名古屋のきしめんと言えば、
きしめんよしだ【吉田麺業】 通販もどうぞ。

よくあるお問い合わせ

お問い合わせ

きしめん辞典

トップ >> きしめん辞典 >> 歴史

きしめん辞典book

きしめんに関する
あらゆる知識をご紹介!

  • 「きしめん」という名前の由来・その2「紀州麺(きしゅうめん)」説

    紀州藩の殿様が尾張藩の殿様にお土産として献上した麺が「紀州麺」と呼ばれ、いつの間にかそれが転じて「きしめん」になったという説。

  • 「きしめん」という名前の由来・その1「雉麺(きじめん)」説

    江戸時代、尾張藩の殿様が雉(きじ)肉入りの田舎うどんを好んで食べたことから、「雉麺」がなまって「きしめん」になったという説。きしめんに入る油揚げはその名残ともいわれています。

  • 「名古屋めし」の中で最も古いのがきしめん

    名古屋めしの多くは昭和30年代の高度経済成長期に生まれていますが、きしめんはなんと江戸時代。平打ちした麺をたまり醤油を使ったつゆにホウレン草などの青菜、煮揚げ、花がつおを盛り付けたスタイルは江戸時代の終わりから明治時代初期には確立されていたといわれています。

  • きしめんの日は何月何日?

    食欲の秋である10月と、きしめんの特徴であるツ(2)ル(6)ツル感を組み合わせて毎年10月26日「きしめんの日」として愛知県製麺工業協同組合が制定しました。きしめんをもっと多くの人々に食べてもらうのを目的に、この日は当社直営店もイベントを実施しています。

  • きしめんの名前の由来

    江戸時代から食べられていたというきしめん
    その由来は碁石形の麺に、きな粉を付けて食べた「きじめん」が転じて「きしめん」になったという説が有力です。
    しかし、このほかにも紀州藩が尾張藩に贈った「紀州麺」に由来するという説や、大名がキジの肉を入れて食べた「雉子麺」が起源というものなど、様々な説が伝えられています。
    しかし、どれも推測の域を出ません。きしめんに関する文献が残っていないのは、名古屋の庶民によって育まれた大衆文化であるからでほかなりません。

PAGETOP